カードキャッシング審査甘い

気になるカードキャッシングの審査が甘いとはどういうこと?主婦・学生・フリーターでも審査に通ることはできるの?そんな疑問をお持ちの方へ。
MENU

気になるカードキャッシングの審査が甘いとはどういうこと?

カードキャッシング審査が甘いというのは、収入が少ない方や安定した職業に就いていない方でも審査が通りやすく借りられるといった状態を指します。 かつて、一部の消費者金融ではハードルが低く、借りやすい状況が見受けられました。 というのも、消費者金融というのは企業などへの大口融資が中心の銀行に対して、一般生活者が小口で気軽に融資が受けられるようにと誕生した貸金業者です。 そのため資金の必要がある方には、やや甘めに審査をしてくれていたのです。 しかし、長引く不況、失業者が増える状況で借りたものの返済困難となる人が相次ぎ、貸金業法が改正されました。 新に導入された総量規制では年収の3分の1を超える借り入れはできないとされ、消費者金融を含めた貸金業者においては、自社だけでなく他社も含めてこの基準を満たしているか判断することが求められるようになっています。 現在の借入残高については、信用情報登録機関で確認が可能です。 一方、年収については自己申告が基本で、収入証明書が要求されるのは、1社の利用限度額が50万円を超える場合か、他社と合わせた借入額が100万円を超える場合とするのが一般的です。 そのため、この範囲内で少額の申し込みをする場合には、収入について自己申告で判断するので、比較的審査は甘いといえるかもしれません。 なお、収入が少ない方や無職でも借りられるという業者は、正式な貸金業者でない可能性がありますから気を付けたほうがいいでしょう。

よく分かるカードキャッシングの審査方法の仕組み

カードキャッシングの審査というと、少し前までは最短でも数日はかかっていたのですが、ここ最近になって格段に速くなってきたと言えるでしょう。 最近ではスピード融資や即日融資のサービスもあり、すぐに借りる事ができるようになっています。 このように時間が短くなってきたのは仕組みが変わってきたからです。 審査方法は金融機関がそれぞれで決めていますから、基本的には金融機関によって異なっているのですが、最近ではスコアリングを採用する金融機関が増えています。 スコアリングとは、職業や年収などを点数化し、この点数によって判断する方法を指します。 スコアリングの計算式は色々なものがあるのですが、コンピュータの技術が進歩してきたことによって、一瞬で行う事ができるようになりました。 そのために、必要な情報さえ入力すれば、すぐに審査結果が分かるようになったのです。 このような審査方法は、どちらかというと少額の融資に用いられていて、スピード融資や即日融資などでは限度額が小さい場合が多いです。 多額の資金を借りようと思ったときには別の審査方法が採用されます。 例えば、勤務先の調査が行われたり、あるいは居住形態を調査されたりします。 ですから、多額の資金を借りようと思ったときには、審査には時間がかかることも多いと言えるでしょう。 ただ、具体的にどのような基準で審査が行われるのかは公開されていませんから、カードキャッシングの審査は申し込んでみなければ分からないというのが現実です。

カードキャッシングの審査に通らない原因

カードキャッシングは特に手軽に融資を受けられることで人気となっています。 無担保、無保証で利用することができますので、必要なときにすぐに申し込み手続きを行うことができるのでとても便利ですが、融資を受けるにはやはり審査は必要となります。 そして、その審査をクリアしないことには融資は受けられないものとなっています。 特に問題がなければその日からでも融資を受けることができますが、誰もが融資を受けられるわけではなく、中には落ちてしまう場合もあるものです。 そして、審査に落ちてしまった場合は、なぜ落ちたのか審査に落ちた原因についてもしっかり考えておきましょう。 まず、書類に不備があれば融資は受けられませんので、記入漏れなど書類に不備がないか、申し込み前にはしっかり確認しておきたいものです。 さらに、現在、すでに多くの借り入れがある場合は、それだけ審査は厳しいものとなってしまいます。 そのほかでは、過去に債務整理などで、いわゆるブラックリストに載っている場合などはやはり難しいといえるでしょう。 そして借り入れがない場合でも、極端に収入が少なかったり、仕事が安定していない場合なども審査に落ちてしまう原因となってしまいます。 キャッシングは正社員の方でなくてもパートやアルバイトの人でも利用できますが、あまりに極端に勤務日数が少なかったり、収入が少ない場合はやはり厳しくなりがちです。 さらに携帯電話の料金滞納がある場合も融資を受けられない場合がありますので、こちらも注意しましょう。

カードキャッシングの申し込みに必要は書類は

現在、カードキャッシングへの申し込みは非常に手軽で便利になっています。 以前なら、必要な書類を持って店舗に出向くか、郵送で送る必要がありました。 ところが、今はパソコンやスマートフォンで画像を送信すれば、OKだという貸金業者が多くなっています。 送られてきた画像を元に審査を受けることができるのです。 では、申し込みをする時に、どのような書類が必要になるのでしょう。 まず、必要なのが自分の身分を証明するものです。 健康保険証、パスポート、外国人登録証明書などがそうです。 これにより、届け出た住所と現住所を照らし合わせます。 そのため、もし本人確認をするための健康保険証、パスポート、外国人登録証明書に記載された住所が現住所と違う場合、現住所が記載されているものが必要です。 住民票の写し、国税・地方税の領収書、納税証明書、社会保険料の領収書、公共料金の領収書などがそれにあたります。 50万円までの融資ならば所得証明は必要ありません。 ですが、50万円以上の融資を受けたい場合は、所得を証明するものが必要になります。 所得を証明するものというのは、源泉徴収票の写し、所得証明書の写し、給与明細書の写しなどです。 ただ、50万円以上の融資なら、すべての貸金業者で所得証明が必要かというとそうではありません。 総量規制の対象外である銀行のキャッシングなどでは、所得証明なしで借入することができるものもあります。 カードキャッシングを利用する場合は、どのような書類が必要なのかをよくチェックして申し込みましょう。
このページの先頭へ